お金を稼ぎたいわけではなくて。

日本人は特別、
《お金を稼ぐこと》についてとても敏感だと思う。

しかも、
それはネガティブな要素で。

誰かが何かで稼げばそれを妬み、
揚げ足をとったり
怪しんだりする。
それが正当なビジネスや想いかあったとしても、
“お金”という側面だけで判断して、
なんか怪しいとかなんか変なことしているとか。

全然自分には関係ないのに。

僕はお金と向き合うことは、
人生と向き合うことだと捉えている。

だけど、
僕がやりたいことは【お金稼ぎ】が一番ではない。

一番ではないけど、
きっと働き出してから誰もが身に染みていると思う。


“お金が一番ではないけど、何をするにもお金が必要である”


ということ。
そこをどう理解するかが一番重要。

お金稼ぎが一番に来ると、
いいことになるわけがない。
人間関係も、自分の人生も、
やりたいことへの情熱も。

特に人間関係なんかは一撃。

自分がやりたいことのなかで
お金が発生したら嬉しいことであるのは間違いない。
お金は一つのモチベーションになりうると思うから。
そして、
それを例えばお客様とか誰かに、
自分のやりたいことの対価としてお金を受け取る機会があるとするならば、
余計にいい加減なことはできないと思う。
だからこそ、自分のスキルや想いを昇華させて人様からお金を頂いても失礼ではないくらいなものを提供する必要が発生すると思う。


お金稼ぎが一番ではない。
だけど、
やりたいことの延長にお金が発生して、
人間関係やさまざまな繋がりも潤って
いつのまにか人とお金が自分の周りにあったら
それだけで嬉しいのは人間の本質だと思う。


NPO法人シェアラボ

岡山県南部に拠点を置く、 シェアをベースとしたNPO法人です。 「誰かの不要は誰かの必要」をモットーとし、 物を循環させることで人と人の繋がりを創生し、 リユースを促す活動を推進します。

0コメント

  • 1000 / 1000