好きなことを仕事にする。

僕が好きなことは、珈琲。
最近の休みはもっぱら
焙煎焙煎焙煎焙煎。

自家焙煎ばかりしている。
かれこれ自家焙煎を始めて4.5年ぐらい(?)
最初はほんとに趣味の延長で珈琲か好きだったから始めて
ほんとに美味しい珈琲というものがわかってから楽しくて楽しくてずっと続いている。

そこから変わった

好きが趣味になって
趣味が誰かを喜ばせることができるようになった。

《好きなことを仕事にする》



なんて誰もがわかってる最高なこと。
誰しもがそうなりたいと思ってるし、
そうなりたいと願っている。
だけど、多くの人はそんなことできていない。

働き出してから理想と現実の差ってものも必ずあるし。

僕は珈琲を本業にしてはいないが、

“多くの人に僕の珈琲を飲んでもらいたい!!!”


と強く願うと
自家焙煎のスキルも向上に繋がるし
そのもの自体の理解をさらに深めることができる。
お金稼ぎか一番の目的ではない

ここが一番大切だと思う。
好きなことがお金になるならば、
僕個人としてはどんどんやり方やアプローチをかえて
稼ぎまくればいいと思う。

日本は特に【お金を稼ぐ】ということに無頓着だったり卑しい考えを持っている人が多いけど、
そんな考えは自分のやりたいことや形にしたいことをするにあたり関係がない。

“お金を稼ぐ”

という行為の難しさ。
だけど、

お金というものは自分が作った0から1のそのものの価値を感じることができる。

簡単に言えば、
売り上げが高ければ
それほど誰かを満足させられている

ということ。
お金稼ぎが一番ではないけど、
その指標はとても大きなヒントになる。
そのお金は、自分のモノサシにもなれるがそこで手に入れたお金をさらに
設備投資や改善のために使うことができる。
さらにレベルアップでき、
お客様に届くときにはさらにレバルアップしているかもしれない。

私利私欲が一番になっては
お金に関しても卑しく感じるが
それを抜きにして
“自分の思い”を重ねつつ
そのクリエイトしたものに乗せることができら
自然と人が集まりお金が集まり
やりたいことをさらに加速させることができる。

好きなことを仕事にする


それが一番だが
他の仕事をしながら好きなことを仕事に昇格することは絶対できる。
そんなやり方を提案していきたいし、
そうなれたら、きっと誰もがもっと楽しめる。




NPO法人シェアラボ

岡山県南部に拠点を置く、 シェアをベースとしたNPO法人です。 「誰かの不要は誰かの必要」をモットーとし、 物を循環させることで人と人の繋がりを創生し、 リユースを促す活動を推進します。

0コメント

  • 1000 / 1000