想いのシェア

シェアと聞くと、
物理的やシェアをイメージすることが多いと思いますが、
これからの時代は、
物理的ではなく、実態のないもののシェアも形になってきます。

少しややこのしいのですが、
少し前から流行っている
【時間をシェアするアプリ】があります。

これは何かというと、
自分の空いた時間を必要としている誰かのために使う

という、
ありそうでなかった画期的なアプリ。
簡単に言うとわからないことを誰かに教えてもらったり、
出来ないことをやってもらったりできる感じですね。

実態のないものをシェアできるようになってきます。

シェアラボも実態のない何かをシェアできるプラットフォームを練っているところですが、
シェアという捉え方でいうと、
ただ誰かの思いや考えを聞く時間でも、
シェアという概念に変わらないのかなと思います。

そんなプロジェクト、
ソートシァア、オピニオンシェアという形で、
世間に対する考え方や捉え方、
アイデアを肯定も否定もされずに外に発信する場所。


これを提案していきたいと思います。

NPO法人シェアラボ

岡山県南部に拠点を置く、 シェアをベースとしたNPO法人です。 「誰かの不要は誰かの必要」をモットーとし、 物を循環させることで人と人の繋がりを創生し、 リユースを促す活動を推進します。

0コメント

  • 1000 / 1000